忍者ブログ
『22歳まで生きた猫』とその後
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

避妊手術はその日のうちに終わりました。
子猫は3匹いて、2匹が既に死んでいて1匹が一応生きていましたが
発育不良だったそうです。
まだ毛も生えていなかったらしいです。

胃腸の治療と耳の壊死しかかった部分の蘇生のため10日ほど入院となり
迎えにいくと
なんと耳が綺麗に治っていました。

deai0101.jpg

たった1週間しか一緒にいなかったのに
あたしの顔見て「にゃお~~~ん」と擦り寄ってきてくれました。

先生いわく
ハナザワさんは2~3歳ぐらいで
胃腸が弱っていることや、手術のせいで
長くて7~8年だという説明を受けました。

お家へ連れて帰ってリビングに放してあげると・・・
とりあえず伸び・・・
deai0201.jpg

次にお手入れ・・・
deai0301.jpg

気持ちよかったのか・・・ゴロン
deai0402.jpg

手術のあとが痛々しいけど
幸せそうな顔にあたしも気持ちが柔らかになりました。

「ペット厳禁」のアパートですが
そんなもん知ったこっちゃありません。

こんなにかわいらしい子を捨てるなんて・・・

なんでも
家を新築したから、猫は爪とぎをするので
ハナザワさんは捨てられたと近所のおばさんが
教えてくれました。

ごめんね・・・人間の勝手で
つらい思いをさせて。

これからは何があってもずっと一緒だからね。

ちなみにハナザワさんの誕生日は
拾った日の2年前という設定なのです。



拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
HN
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]


Designed by A.com
プロフィール
HN:
ハナザワさん(故)
年齢:
27
性別:
女性
誕生日:
1990/01/18
職業:
趣味:
食べること
自己紹介:
1992年北国で家来1号に保護され、大手術の後、ちょっと食いしん坊なセレブ猫として22年の生涯を閉じました。
ハナザワさんの老後は、甲状腺亢進症、慢性腎不全、貧血、腰椎変形、股関節壊死など
老猫の典型的な病状を含む介護生活でした。
延命ではなく「最期まで口からご飯を食べる」をモットーに獣医師とその「生きる」を模索した記録です。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
アクセス解析
アクセス解析
忍者アナライズ