忍者ブログ
『22歳まで生きた猫』とその後
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

その頃あたしは青森県八戸市に居ました。

引越しのダンボールを引き取り業者に渡すべく
アパートの2階から必死こいてダンボールをおろしていました。
1月の八戸は明け方には-5度以下に気温が下がります。

最後のダンボールの束を降ろし終えた時
足元で「にゃ~~~ん!!」
そこには痩せて凍傷で耳が半分壊死しかかったハナザワさんが
まんまるの目であたしを見ていました。

迷うヒマもなく即、抱き上げ、部屋へ連れていきました。
冷蔵庫のハムを少しあげて
部屋に閉じ込めたまま
車で近くの量販店に猫砂とキャットフードを買いに走りました。

家に帰り、即トイレをセットすると
すぐにそこで「う」
爪とぎを出してあげると即
パリパリパリ・・・
しつけを受けていたことは明らかで
ハナザワさんは冬の大地に捨てられた猫であったのです。

そんなこんなで1週間。
耳が半分壊死しかかっているのと
食欲はあるにも関わらず下痢止まらず・・・・
「うんこちゃん」と呼んでいました(笑)

とりあえず病気であるのは明白で病院へ連れて行きました。

そこでショッキングな事実が判明。

ハナザワさんは妊娠していて
飢えて、食べ物のにおいのするプラスチックまで食べていた結果
胃腸がズタズタになり
さらに妊娠中毒で
お腹の子猫たちの何匹かは既に死んでいるとのこと
一刻も早く、それを取り出すのが先決で
即日入院。
避妊手術もかね子宮ごと全部摘出する手術を受けるため入院となったのでした。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
HN
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
はじめまして。
新しいブログを作ろうと探してたら、猫ちゃんの見つけて読ませていただきました。

あまりに残酷すぎてかわいそうで涙がでました…
家にも猫がいますが、本当は飼えないアパート…
でも捨てるなんて絶対にできません・・
諸事情があって飼うことになったのですが。
ハナザワさん嬉しかったでしょうね。
大事にしてあげて下さいね。
nyanko URL 2008/06/19(Thu)11:50:55 編集
Re:はじめまして。
nyankoさん
はじめまして。コメントありがとうございます。


>家にも猫がいますが、本当は飼えないアパート…
>でも捨てるなんて絶対にできません・・

共感して頂いてうれしいです。
命を守ると言うのは、大変ですが
素敵な思い出をたくさん貰えますよね。
nyankoさんのblogも是非紹介下さいね。
【2008/06/19 17:56】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
   退院 HOME
忍者ブログ [PR]


Designed by A.com
プロフィール
HN:
ハナザワさん(故)
年齢:
27
性別:
女性
誕生日:
1990/01/18
職業:
趣味:
食べること
自己紹介:
1992年北国で家来1号に保護され、大手術の後、ちょっと食いしん坊なセレブ猫として22年の生涯を閉じました。
ハナザワさんの老後は、甲状腺亢進症、慢性腎不全、貧血、腰椎変形、股関節壊死など
老猫の典型的な病状を含む介護生活でした。
延命ではなく「最期まで口からご飯を食べる」をモットーに獣医師とその「生きる」を模索した記録です。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
アクセス解析
アクセス解析
忍者アナライズ