忍者ブログ
『22歳まで生きた猫』とその後
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


甲状腺亢進症と診断されたハナザワさん。

この病気についてまとめておきます。

=========================
  ①気づいたタイミング
=========================

【異常な食欲なのに痩せていく】
18歳という高齢にもかかわらず、ものすごい食欲
なのに、どんどん痩せていく。

080617_2139~01.jpg

プログのタイトルバックのハナザワさんがこんなになってしまいました。
最小体重記録は2.7キログラム
最大体重記録は8.0キログラム

【激しい嘔吐、下痢】
今になって思えば、この二つは食べすぎによるものでした。
通常の食事量の約4倍を食べていました。

どのように激しいかというと
毎朝、嘔吐していました。
夕方復活する日もあれば復活できず、絶食が24時間以上続く日が
週に1回ありました。
下痢は毎日3回でした。

【遠吠えをするハナザワさん】
猫は「ニャン」とか「ニャーン」とか鳴くものです。
よく、発情期にオス猫が
「アオ―――――――ッ」と鳴いてますよね。
まさに、それです。
空に向かって
「アオ―――――――ッ」
ハナザワさんは耳がまったく聞こえないので
声のボリュームはメチャデカでした。
それが、毎朝、午前4~5時。


絶食して弱って寝ているか
絶叫しているか
ワンコのように、食器に山盛りのフードをガツガツ食べている。
そして絶食が続いて元気がなくなり、病院で判明しました。

=========================
  ②原因と病状
=========================

すべて、ホルモンバランスがおかしくなったことにより
興奮状態⇒心拍数、呼吸数増加⇒消耗が激しくなる⇒食欲が増す⇒胃腸がついていかなくなる

これは人間も同じで、
体温もかなり上昇します。
体力のない猫さんならとっくに倒れていたかもしれません。

・胃腸がついていかなくなることによる嘔吐、下痢
・心臓肥大
・呼吸不全

などが原因で死に至ると言われます。

最後は、下痢を垂らしながら、食べ続け
嘔吐を繰り返し、鳴き叫ぶという
見ては居られない状態になるというケースもあるそうです。

=========================
 ③治療法
=========================

甲状腺亢進症は不治の病と言われています。
但し、対処療法により
亢進を抑えることができます。
それが メルカゾール という薬。
他にも色々あるようですが、
T4(FT4)というホルモンの分泌を抑える薬だそうです。

もちろん、薬ですので副作用もあります。

そして、死ぬまで毎日2回、この薬を飲み続けなければなりません。

途中で止めたりすると、ホルモンのバランスが乱高下し、
体調が悪くなる(だるかったり、熱がでたり)
心臓への負荷などが考えられます。

ハナザワさんは毎日このメルカゾールと
肝臓を保護する薬、ミノファーゲンC
嘔吐を抑える薬、プリンペラン

を30分置きに投薬しています。
胃腸への負荷を減らすためです。

3月中旬~8月中旬 プリンペラン1/4錠⇒ミノC1/4錠⇒メルカ1/4錠
8月中旬~現在   プリンペラン1/4錠⇒ミノC1/4錠⇒メルカ1/2錠
これを毎日朝夕2回投薬しています。


お陰様で3月から投薬をはじめ、副作用もなく
ホルモンの値も順調に低下
今は、普通の食欲、体重も増え始め
絶叫も、まったくなくなりました。

これからは低下しすぎることへの注意や
激変するホルモンの値により、体温が急激に下がるので
この時期、寒がったりします。

いろんな変化を注意深く見守っています。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
HN
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
昔の記事のコメントをすみません(o*。_。)oペコ
とても参考になりました。ずっと腎不全の治療のみを続けていましたので、今度は甲状腺かil||li _| ̄|○ il||li と落ち込んだりしましたが、闘病されているニャンコさんが結構いるようなので、頑張っていきたいと思っております。

ハナザワさん!とてもかわいいです!18歳とは思えない立派なニャンコさんですね!うちのぴんさん(私もさんづけでいつも呼んでいますw)はまだ11歳。ハナザワさんを見習って長生きしてほしいです。

これからもお知恵を借りることがあるかもしれませんが、よろしくお願い致します
moon☆moon 2009/07/04(Sat)18:03:58 編集
ご訪問ありがとうございます
お返事が遅くなり申し訳ありません。

この病気と付き合いはじめ1年がたちましたが
甲状腺亢進症とわかった時が
一番、つらく、
ハナザワさんも2キロ台に体重が落ち
抱っこするたび、軽くて
世界から全ての色が悲しかったものです。

今もまた、体重が落ち始めましたが
これは高齢のためなのではないかと思っています。

甲状腺のあたりにシコリもあるようです。

ただ高齢なので、痛みを取る治療を選択しています。

ぴんさんはまだ11歳、
まだまだ若いので
がんばってくれると思います。

たくさんスキンシップをとって
側にいてあげてあげることが
一番の治療だと思います。

ハナザワさんの長生きは
たくさんの人に愛されているからだと
信じています。

そして、このblogを通じて
同じ病気の猫さんが
すこしでも苦痛のない幸せな時間を
過ごしていただけるヒントになれば
嬉しく思っております。
【2009/07/08 18:00】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]


Designed by A.com
プロフィール
HN:
ハナザワさん(故)
年齢:
28
性別:
女性
誕生日:
1990/01/18
職業:
趣味:
食べること
自己紹介:
1992年北国で家来1号に保護され、大手術の後、ちょっと食いしん坊なセレブ猫として22年の生涯を閉じました。
ハナザワさんの老後は、甲状腺亢進症、慢性腎不全、貧血、腰椎変形、股関節壊死など
老猫の典型的な病状を含む介護生活でした。
延命ではなく「最期まで口からご飯を食べる」をモットーに獣医師とその「生きる」を模索した記録です。
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
アクセス解析
アクセス解析
忍者アナライズ