忍者ブログ
『22歳まで生きた猫』とその後
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008年1月
もう19歳になるハナザワさん
人間でいうと100歳近い老猫ということになります。

昨年の冬ごろ
まったく耳が聞こえていないことに
気がつきました。
そしてその頃より下痢、嘔吐が頻繁になりました。
しかし食欲はあり、毎日元気に走ったりしていました。

猫も長生きすれば多少ぼけるのではないかと放置していました。

しかし
嘔吐が激しい場合、まる1日絶食するようになりました。

そして目に見えてやせてきたのです。

背骨など、昔はまったくわかりませんでした。
背中もお腹もお肉たっぷり霜降りだったのに
背中がごつごつします。

食欲は昔よりあるのに
どうして痩せていくのだろう・・・・

不安がよぎりました。
6afab4c4.jpeg

もしも癌だとしたら
手術や抗がん剤治療
老いたハナザワさんには辛いだけなのではないか
3342433_898144909.jpg

病院へ行くかどうか迷う日々が続きました。



拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
HN
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
   容態急変 HOME 癒し系   
忍者ブログ [PR]


Designed by A.com
プロフィール
HN:
ハナザワさん(故)
年齢:
27
性別:
女性
誕生日:
1990/01/18
職業:
趣味:
食べること
自己紹介:
1992年北国で家来1号に保護され、大手術の後、ちょっと食いしん坊なセレブ猫として22年の生涯を閉じました。
ハナザワさんの老後は、甲状腺亢進症、慢性腎不全、貧血、腰椎変形、股関節壊死など
老猫の典型的な病状を含む介護生活でした。
延命ではなく「最期まで口からご飯を食べる」をモットーに獣医師とその「生きる」を模索した記録です。
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
アクセス解析
アクセス解析
忍者アナライズ